Gaea Field建 築 日 記

ブログトップ

給湯器交換について

2017-02-26 12:12:03

テーマ : 建築日記

管理課より

 

寒い冬、突然お湯が出なくなったとしたら…

 

私たち管理課として、『給湯器キャンペーン』と銘打って、昨年11月より10年越えの分譲マンション

管理物件(一部ではありますが)にて2月末迄を目処に行って参りました。

結果、2/26時点で、対象戸数83に対して11戸より受注賜りました。(なかなかの数字でしょう)

 

給湯器というのは消耗品の為、使用頻度にもよりますが、10年を経過する頃より不具合が発生し

始めます。また部品供給も在庫品だけとなり、修理ができなくなることもあり得ます。

皆様、お気を付けください。

 

そこで、このブログでは、給湯器に関するミニ知識ということで、本体交換の際によく耳にする

「フルオートタイプ」と「オートタイプ」の違い等について説明します。以下ご覧ください。

 

オートタイプの給湯器とは

給湯器のオートタイプとは、「自動湯張り機能」と「追い炊き機能(自動保温機能)」が備わっているもののことを指します。
この二つの機能があれば、コントロールパネルのスイッチ一つで希望の温度でお湯をためることができ、冷めてしまった場合にも簡単に追い炊きができるのでとても便利です。
特に、自動保温機能があれば、お風呂の設定温度を下回ってしまったとき自動的に追い炊きを行ってくれるので、いつでも温かいお風呂に入ることができます。

フルオートタイプの給湯器とは

給湯器のフルオートとは、オートタイプの機能に「自動湯たし機能」と「追い炊き配管自動洗浄機能」がプラスされたものです。 自動湯たし機能は、お湯が減ってしまった際にあらかじめ設定した水位まで自動でお湯をたしてくれる機能。追い炊き配管自動洗浄機能は、お風呂の線を抜くと自動で追い炊きに使用する配管を洗浄してくれる機能です。 この機能がプラスされるだけで、よりお風呂が快適に使えるだけではなく、掃除の手間も減らすことができます。

オートとフルオート、どっちがいいの

機能面から考えると、より多くの機能を持ったフルオートのほうが良いでしょう。
追い炊き配管は、せっけんや水アカ、入浴剤などによる汚れが溜まりやすいので、自動で洗浄してくれればいつも清潔なお湯に浸かることができます。
お子さまがいるご家庭など、清潔さを重視したいという場合にはフルオートタイプの給湯器がおすすめです。また、自動湯たし機能がついていれば「お湯が全然残っていない!」ということにならないので、人数が多いご家庭にもフルオートが向いているでしょう。
ただし、コスト面を抑えたいという方は初期費用の安いオートタイプのほうが良いかもしれません。
いろいろな機能を使えば使うほどガス代も電気代もかかりますので、一人暮らしの方や、必要最低限の機能でガス・電気代を抑えたいという人にとってはオートタイプのほうが合っていると言えます。

 

以上、現在給湯器交換をお考えの方、またこれからの方、参考にして頂ければ幸いです。

では、また。


コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログトップ

RECOMMENDオススメ外部リンク

  • ガイアフィールドベトナム ホーチミン市で新築・内装リフォーム・設計・設計監理・施工承ります!「パース・3Dデザイン・詳細図等」格安にて承ります!現地日本話対応スタッフがいます。
  • スチールハウス スチールフレーム2×4住宅
  • 注文住宅・アパート作品集「住みたい」を叶える家を創ろう

GAEA FIELD GROUP  グループ提携企業

  • リムテラスグループ
  • デコログループ デコログループ
  • SHJ (株)スチールホームジャパン
  • 一般社団法人 日本薄板軽量形鋼造普及会
  • ガイアフィールドベトナム